FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のために生まれてきてくれた子たち

その昔、どこかの生命保険会社でしたか
にっこり微笑む中学生か高校生の女の子がアップで映し出され、
「あなたのために~♪生まれてきたの~♪」と、歌が流れるCMがありました。

この愛娘のために、お父さんしっかり保険に入りましょ♪みたいな流れだったと思うのですが
なんとインパクトの強い、良くできたCMだろうと感心した記憶があります。

自分のために、別の存在が生まれてきてくれる。
その存在が、自分に全幅の信頼を寄せてくれる。
そんな幸せがあるでしょうか。

私は猫を新しく迎えるたび、このCMを思い出します。
縁あって私のもとに来た猫は、
きっと私のために生まれてきてくれたのだろうと。
全幅の信頼を寄せてくれる無垢な魂のために、
私は最大の愛情を返してあげよう、と。

前振りが長くなってしまいましたが・・


チョビとカヨは同月齢で、とても仲良しですが兄妹ではありません。

チョビとカヨ


チョビは生後二週間ほどで瀕死のところを元親さんに保護され、
自力でミルクも飲めなかったためにスポイトによるミルク投与と投薬で
一命を取り留めたそうです。

性格はおとぼけでどこまでもマイペース。そしてやや(かなり?)おマヌケです。
そのような辛い生い立ちがあったという悲愴感は微塵もありません。

ですが、我が家に来てお腹をこわしたり風邪を引いたり、
何度か薬を飲ませる機会があり
驚くほど素直に飲んでくれる様子に、
いじらしくて涙が出ました。
「細かいことに動じない」と言ってしまえばそれまでですが。。


チョビカヨ ヒーター


一方のカヨは、生後二ヶ月ほどの時に捨て猫のメッカともなっている大きな公園で、
たったひとりで(捨てられて?)ポツンと居たところを
元親さんに保護されたそうです。

カヨは体が柔らかく、元親さんのお言葉を借りると「脱力系」。
しかし元気いっぱいで好奇心は超がつくほど旺盛、
娘や母が来たときに彼女らがお化粧する様子を、しみじみ不思議そうに覗き込んで観察?してました。

失踪したトクが好きだったオモチャを発掘して
チョビに「遊ぼうよ」コール。(たいてい「眠たいよ!」と振られてますが)w

チョビと私の姿が同時に見えないと、鳴いて鳴いて探し回る甘えん坊でもあります。



病を得て、
「死ぬことは怖くないし~この世に犬と猫以外の未練はないし~」
と公言し、少しでも長く生きたいと願うことがカッコ悪いこと。。とすら思っていた私が
このふたりを迎え、
「まだ幼いこの子たちと、一日でも長く一緒にいたい」
と考えるようになりました。


この子たちが、私のために生まれてきてくれたことは
きっと間違いありません。


スポンサーサイト

コメント

Secret

本当にそうですね。

保護主の手を通って、赤い糸で結ばれているご家族さまの元へ。。。


何千何万匹の一匹と結ばれるご縁、その子は本当のご家族さまと出逢うために生まれてきたのだと思います。

Re: タイトルなし

保護主のサリーさまに保護された子たちは、
全員本当に強運の持ち主だと思いますv-344

カヨたんは私が呼んであげた時だけ、必ずお返事をしてくれますe-319
弟が呼んでもダメ
お正月に母が来た時、母が試してもダメ
しょっちゅう来る娘にもダメですe-350
この可愛さは異常・・e-349



プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。