FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主、反省。

失踪してしまった『トク』は、とても甘えん坊でした。

私が仕事に出かけると後追いをして鳴き(弟の目撃談です)

仕事から帰って来ると、階段をトッコトッコと降りてきて、
真っ先に玄関先まで出迎えてくれる。
そういえばトクも、尻尾のないマンクス体型であったゆえ
階段は両足を揃えて一段ずつしか降りられませんでした。

私はトクと過ごした三年間、この子のお出迎えが最大の楽しみで、
毎日仕事に出ていたようなものです。

寝るときはたいてい、『十円』と重なるようにして私の腕枕の中。

朝は決まって5:30になると、ゴロゴロ・チュッチュッ攻撃で起こしてくれました。

GRP_0162.jpg



我が家に来て三ヶ月半になる、トクと同じ茶トラの『カヨ』は
恐らくトクを上回る“超”のつく甘えん坊です。

私が起きている時間は、彼女の定位置は私の膝の上。

寝ている時間の定位置は、私の腕枕の中。
夜中にごはんやお水やトイレで席を外す?ことはあっても、
すぐに戻って来て朝まで布団の中に(というか私の顔の横に)居てくれます。
ゴロゴロのエンドレスBGMつき。

2ちゃん風に言うと、「この可愛さは異常」。


ところがごく最近、ちょっと事情が変わってきました。

私がベッドにもぐり込むと、必ず真っ先に長毛のモックがやって来るんです、
それも激しくゴロゴロいいながら。

モックは今まで、人とは一緒に寝ない猫でした。
私はてっきり、彼女一流の気まぐれの周期なのだと思っていました。


今日はお昼頃から二時間ほど昼寝をしてしまったのですが、
布団の中が暑いくらいに暖かく、目が覚めました。

!・・いるんです。
二時間前に布団を覗きに来てもぐり込んで来たモックが、
そのまま暑いくらいの布団の中、私の腕枕の中に・・。

image_20120126152440.jpg


私はやっと気がつきました。

モックは、カヨが私にベタベタの甘えん坊であること、
そんなカヨに私が鼻の下を伸ばしきっていること・・
が、面白くなかったのです。。


ごめんね~~
カヨばかりを贔屓しているつもりは、まったくなかったのよ。


昔から言うじゃない。
「親の愛情は、子どもの数が増えたからといって、分割されていくものではない。
子どもの数だけ、どんどん増えていくものなんだよ」って。

解ってくれたかな・・

ちょい反省。


スポンサーサイト

コメント

Secret

ん・ん・分かります。

どの子も同じように、可愛いですね。

うちは焼き餅やく子がいないのは、私が走りまわっているせいかしら…

それとも、気づかないだけ!?… お布団を敷くと猫だらけで、誰が誰やら…(^_^;)

Re: タイトルなし

まったくねぇ・・e-351

ヤキモチを焼くのは、ネコ社会でも女性の特権?

男の子のチョビはこんな攻防はどこ吹く風e-456

相変わらずのマイペースで、おばさん猫と一緒に寝てるか、
布団に入りたい時は私の顔や髪の毛をズカズカ踏みつけて
先客がいようがいまいが、平然と入って来ますe-282
骨折して猫たちの爪を切ってあげられないので、痛いのなんのe-350


ところでチョビとカヨの出身地?でもある公園で、
チェルノブイリ級の放射性セシウム検出・・のニュースに衝撃を受けています。。

サリー様とサリー様の猫ちゃん達に健康被害が及びませんように。
e-459e-459e-459
プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。