FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気について

プロフに記載した通り、私は転移性乳がんの患者です。


最初の病気発覚は、ちょうど8年前の1月でした。
ステージⅢB、5cm×6cmの乳がん。
これが爆発し、出血を見ました。
(ちなみに、破裂する腫瘍は100%がんであるそうです)

県立がんセンターに入院し、手術。
当時の私は家庭持ちで、
夫と高校生の息子と中学生の娘、十匹以上の猫と外犬1匹と暮らしていました。
初めて【死】を意識し、すぐさま弟に電話をかけ
「猫たちと犬を、よろしく頼む」とお願いしたことを覚えています。
人間の子どもは極端な話行政でも手を差しのべてくれますが、
飼い主を失った犬や猫は路頭に迷うだけ・・だからです。


退院後は放射線治療とホルモン剤治療を受けました。
放射線はつらかったものの、自分で車を運転し、通院の形で25回の照射をなんとかクリア

ただ、月に一度のカプセル埋め込みと内服薬によるホルモン治療はなんともしんどく
「これではまともな社会人として暮らしていけない!」と、
半年ちょっとで通院・治療をやめてしまいました。


それから6年半後、皮膚にポチポチできたおできのようなものが気になって病院に。
乳がんの再発と肝臓・肺・骨・リンパ・皮膚への転移を告げられました。
ステージⅣ。

これが再発当初の私の腫瘍マーカーです。

image_20120011132405.jpg

その私が一年半を経過してもまだ普通に生活して、生きている。。

言えることがあるとすれば
「がんは闘う相手ではない」
「化学療法や放射線、がんをやっつける治療は自分の体をも痛めつける」
と。

追い追い記していきます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。