FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆プラシーボ効果

プラシーボ(偽薬)効果という言葉は、今や誰もが知っていると思います。

「これはすごく効く薬なんですよ」とお医者さんから説明されて使った薬は、
実は偽薬であっても治療効果を上げる。

転んだりどこかにぶつけたりして泣いている子どもに
「痛いの痛いの、飛んでけ~」というおまじないが本当によく効く☆
のと同じです。


病気が再発しても私がずっとノーテンキなキャラでいられた最大の要因は
「自分が病気であることを忘れている時間が長かった・あまり思い出すことがなかった」
からだと思います。

ところが入院中は
「自分は病人である」ことが24時間、大前提なわけで。


考えてみたら、たまに2ちゃんやYouTubeで面白い投稿を見つけて笑う以外
“笑う”機会もほとんどなかった。

家にいれば、愛猫たちが一日に何度も笑わせてくれたり、ほっこりさせてくれたりするのに。

image_20120622111539.jpg


これではさしものノーテンキキャラも、鬱々としてしまいます。

まして医師から
「今回の痛みは“骨の痛み”ですからね」
「(骨転移により)骨が弱っている、無理をするとまた骨がつぶれちゃいますよ」
などなど聞かされて、
痛いの痛いの・・飛んでキターーーみたいな。


ずいぶん前に、長く看護師を勤めている従妹からこんな話も聞きました。
「がんは骨転移がいちばん気の毒。
寝返りを打っただけで骨折しちゃう患者さんもいるし、
その激痛に苦しむ様子はとても見ていられない。早く逝かせてやれよ、ってすら思う」
と。。
それをまざまざと思い出したり。

まぁ、偽薬ではない薬によって、痛みは抑えていただいたわけですが。



母から勧められて観始めたNHKドラマ『はつ恋』が、先週最終回を迎えました。

木村佳乃サン扮するヒロインは、最初の肝臓がんの難手術から五年後、
病気が再発して亡くなってしまう・・というエンディングでした。

がんが再発した場所は肝臓の門脈、発覚した時には余命1ヶ月、という筋書き。

門脈にできた肝臓がんは確かに難治です。
元亭主の父は門脈にたった2ミリのがんが見つかって、
それからわずか2ヶ月で帰らぬ人となってしまいましたので・・。


伊原剛志サン演じる執刀医は、ヒロインの父に病状を説明に行き、こう告げます。
「幸い骨に転移してませんので、、痛みはありません」。


おいおい。

これって逆に言うと
「骨に転移している⇒痛みがある」ってことぢゃないですか。。

それに「幸い」って何なんだよ「幸い」って。
“幸いじゃないことに”骨に転移している患者を、バッサリ斬り捨ててませんか・・?

脚本家も医学的なことまでよく調べたなぁと感心するとともに、
私はこれを見てまた急~に腰が、というか腰椎が、すご~く痛くなってしまったんですが・・?

逆プラシーボ効果、とでもいうべきか。


こうしたセンシティブな題材を扱って、よく調べたことをひけらかすのも結構ですが、
門脈に腫瘍がある、あるいは骨転移がある患者さんやその家族がこれを観てどんな思いを抱くか
・・脚本家はそこまで思いを巡らせたんでしょうか。


えっ!?
「ネタに使うな!」と怒っていたんだから、観なければいい、と。

ですよねー。。

“見なければいい”ものを余計に見に行きたくなるのは、
昔から私の悪い性癖ですorz


そうそう。

『はつ恋』でヒロインの旦那サン役を演じていた俳優さん、凄い演技派!です。

青木崇高さん。

青木さん


設定では「生命保険会社の、地方の営業所の所長さん」なんですが
これがまるまる「あるある」。w

私の好きな伊原剛志サンが、演技力で喰われてましたね~

NHKに見込まれているようです。

http://www.stardust.co.jp/section3/profile/aokimunetaka.html

今後の活躍に期待大☆☆☆



スポンサーサイト

コメント

Secret

ご無沙汰しております。
退院なされて、ホッとしました。猫ちゃん達も大好きなお母さんを待っていましたね。


暑い折、無理なさらないようにゆっくり静養して下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サリー様へ☆

わー☆☆
チョビとカヨの元親さんのサリーさま!
こちらこそ、ご無沙汰しております。

「必ず幸せにします」とお約束をして迎えたチョビとカヨなのに、思いがけず入院などという事態となってしまいe-263
当のふたりにはもちろん、サリー様に申し訳ない思いでいっぱいでした。

でも何度か外出許可を貰って帰って来た時も、退院して来た時も、チョビとカヨが先住猫達と家族として溶け込んで幸せそうにしていてくれたことに、心から救われた思いでした。

我が家で唯一の男の子のチョビはすっかり“ボス猫”と化していますe-350
みんなにチヤホヤされて、それを当然みたいな顔で受け止めてます。
爆睡しているカヨに「遊ぼうよ~」としつこく絡み、カヨには疎ましがられている(?)フシさえあります。。

木曜日に、弟が富山から帰って来ました。
今度はしばらくこちらに居てくれるみたいです。
猫達は弟を家族として認識していますし(チョビは私の入院中、弟がいる限り“ひと晩じゅう寝かせてくれないほど”ベッタリだったようですし、お返事猫・カヨは弟が呼んだ時も振り向いてお返事をするようになりました)
どうかご安心なさって下さいますように。

暑い日が続きます、どうかサリー様も、くれぐれもご自愛なさって下さいますよう。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

退院おめでとうございます。
ブログも更新されないしどうされているのかと気になっていたので、安心しました。

いろんな病状の人もいますからね。
ドラマなどで配慮も必要だろうけど、ドラマになるからもし自分だったらと思いをはせる人もいるわけで、功罪相償うってところでしょうね。

私のお友達も、先日から抗がん剤治療が始まりました。
治療の合間に1日だけ外泊できて、子どもたちは喜んでいたそうです。

でも30代なので介護保険も使えず、骨折して間もないので障害者手帳ももらえず、介護ベッドや車椅子や介護タクシーなど全部自腹。通院して外来で治療を希望していますが、日中みてくれる人はいないし、ヘルパーさんの費用もかかるため難しいみたいです。

ずっと病院にいると、気持ちも沈んできますよね。

シャバの空気をすって、楽しく生活してくださいね。

みんぶ様

遅くなってしまいました、すみません。ありがとうございます。

介護保険は65歳未満であっても病状や状況によって適用されること、
私も初めて知りましたが
それでも40歳以上に限られる、んですね。。

年齢が達していないため、切実に必要としているご友人のような方が対象から外れてしまう・・
なんとかならないものでしょうか。。


最初の乳がん手術から八年半が経過しました。

その間私が強く感じたことは
まず「生命保険」のありがたさと必要性が挙げられます。
(なかなか耳を傾けてくれる人はいませんが・・)
おかげで仕事を長期休職しても入院・手術・放射線治療も受けられましたし
再発しても納得のいく保険のきかない療法なども受けられましたし。


それに加え、「病を得た」ということの意味というか役割というか、
病を得たことを受け入れ、ゆるし、生きていくこと。
漠然としていますが、自分は病気という役割を与えられたのだと考えるようになりました。


幼い子どもさんたちを自宅に残しての闘病を余儀なくされた年若いご友人のお気持ちを考えると、胸がはりさける思いです。
でも同じ病気を持つものとして、ひとつだけ強く思うのは

どうか、自分を責めないで。
自分をゆるし、そして受け入れてあげてください、と。
ここでいう「自分」とは、病気を含めた自分です。


私も身の周りのひと達、とりわけ弟には申し訳ない思いでいっぱいで
まだまだ自分をゆるし、受け入れる境地には達することができませんが
病を得たからこそ見えてきたこともたくさんあって、
病気には感謝しています。

がん細胞って、黒とか赤黒いとか、毒々しいイメージがありますよね。
実は、白いんですよ。
最初の乳がん手術後、摘出した大きながんを医師から見せられた元亭主と上の弟は、
それが真っ白できれいな塊であったことに驚いていました。

入院中に読んだ本で、「がん細胞の組織は、しいて言えば脂肪細胞にいちばんよく似ている」ことも知りました。

そう、がんはもともと、自分の体の細胞が混乱して作り出してしまったものです。
どうか病気を、そして自分を責めないで。

ご友人の心に、寄り添ってあげていてください。
心から応援しています。
プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。