FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

していい?浮気、いけない浮気

今日は用事があって息子が来ました。

お嫁さんの渡辺未優チャン似のk美ちゃんは体が弱く、
今日も愛犬と『銀次郎』と一緒にお留守番です。

未湯



息子のケータイが、折りたたみのガラケーから新しいスマホに変わっていました。

聞くと
「(お嫁さんのk美ちゃんに)ケータイを真っ二つに折られた」
と言います。

さらに聞くと、

知らない番号から着信があり→かけ直したら→
昔つきあってた女の子だった。
今度会おうか、みたいな話になり→
隣の部屋で寝込んでいるとばかり思ってたk美ちゃんがしっかり聞いていて
→話の途中でいきなりk美ちゃん登場→ケータイを取り上げられ
→電話は真っ二つに、、
と。


・・アホちゃうか。。


私は常々息子に
「浮気は、もしもするのなら絶対に嫁さんにバレないように。
それが嫁さんに対する最低限のマナーであり、優しさ。
できないようなら浮気は厳禁!」

「以前つき合っていた子との浮気は、最低最悪の浮気。
何故ならお互い全てを知った上で、
“やっぱりコッチもいいかなぁ♪”っていうことでしょ。
最も失礼だし悪質、絶対にしてはいけない!」
と口をすっぱくして言ってきたつもり、なんですが。

聞いてくれてなかったようで。。
まったく、オトコっていう生き物はなぁ・・


さらにいうと。

「最近、女房とうまくいってなくてさぁ・・」
「女房とは離婚を考えているんだ」
ともらすオトコは下の下のゲ


えぇ、私は婚姻期間中、かつ一回目の乳がん治療中に
もと亭主がこの言葉を16歳年下の他国籍の女性相手に言っていたという
まぎれもない事実に基づいて申し上げます。

この言葉をもらす男性に遭遇したら、
たとえ友人関係という括りのひとであっても
以後いっさいのつき合いを断つことをおすすめします。

ろくなもんじゃない。


まっ。

悪いのは男性ばかりではなく、
こうした言葉を鵜呑みにする・ほだされる・乗じる
女性も同罪なのかもしれませんが。


少なくとも私は、
もと亭主と再婚し現在隣町で暮らす比国の女性とは面識もないし、
何の恨みつらみもありませんが

比国といえば敬虔なキリスト教国、
キリスト教では本来婚姻外の姦淫は死罪に該当する重罪。
キリスト教の古典『デカメロン』では
結婚している男性が妻以外の女性を「いいなぁ♪」と思うことすら重罪
・・なのですよ。

これを「女房とは離婚するつもりでいる」発言を免罪符に
今では日曜ごとに再婚組の夫婦が一緒に教会に通っているというあたり
キリスト教のご都合主義ってどうよ?
って、キリスト教の女子大出身者として考えちゃいますw


k美ちゃんごめんね~~

修行の足りないアホ息子にはこうした死罪にも匹敵するウンコ発言をさせないよう、
今からでもしっかり!教育していくから、ね。。



スポンサーサイト

春、異変アリ。

現在の借家に越して来て、四年と少々が過ぎました。

三年前の春から、二階の軒下(正確には屋根の中)で
野鳥が巣を作り、卵を産み、やがてヒナが育って巣立って行く・・
のが毎年の恒例となっていました。


鳥はツバメよりひと回り大きく、グレーに白の入った種類ですが
なんという鳥なのか、判然としません。

この親鳥のつがいが二月下旬~三月上旬くらいから巣作りを始め産卵、
GW明け頃にヒナ達を含め全員が巣立ち、といったスケジュールでした。


鳥が巣作りと子育てをしている期間は、騒音がハンパではない。

おまけに弟の部屋、さらにベッドの枕の真上の位置・・に巣はありw

「うるさくてかなわん!
それに!軒下の綻びた所から、屋根の中っていうか天井裏に、
鳥が入り込んで巣ゥ作っているんだぜ?
このままじゃ鳥が巣作りに持ち込んだ物だのフンだので、
天井裏が腐ってしまう!
不衛生極まりないし、危険。
今度こそ出入り口になってる所を塞ごうぜ!」

と、弟は毎年怒ってました。


でもねぇ・・
本職の大工さんでないと穴を塞ぐのはちょっと難しいのと、
育ったヒナ達が巣立っていくところを見届けるのはそれなりに感動モノで。

隣の家の、ひとり暮らしのSさん(70代女性)も
ベランダ越しにこの様子を見るのが楽しみだったみたいだし。。


ところが。

せっかく(?)一番の騒音被害者である弟が不在のこの春、
鳥はまだやって来ません。

いつもなら巣作りがとっくに終わり、抱卵に入っている時期です。

お隣のSさんによると
「たまに一羽ずつ来ては、ちょっと離れた所にとまって屋根の中を覗いているみたいよ。
でも、巣作りはしていないねぇ・・」
とのことです。


あまりに冬が長くて寒かったために、来訪が遅れているのか
それとも、親鳥の片割れが死んでしまったのか・・


いずれにしても、このまま鳥が訪れずに平穏な春となったら
ちょっと寂しい私です。。




サイモントン療法

しかし風の冷たい日でした。

もう今季はお終いだと思っていたモックちゃんの前衛的な芸術作品
(あまりリキの入ってない出来そこないですが)またあったし。

image_20120226192918.jpg



今日は整形外科診察があったので、寒さの中 病院に行って来ました。

ついでに太極拳・気功・イメージ療法などなどの教室をまたまた受けてきたんですが

大好きな気持ちいいイメージ療法について、
「同じような内容のCDみたいなものは市販されてないのですか?」
と、講師の心理士さんに質問してみました。


イメージ療法の基になっているのは、これだそうです。

サイモントン療法
http://www.simontonjapan.com/

治療の一貫として採り入れている病院もあるようです。
http://www.fujiokaclinic.com/s_menu.html



私が去年『波動療法』を受けてとても元気になったことは、以前お話しさせていただきました。
http://hado-device.com/

何らかのきっかけ(多くはストレス)によって反対方向に回り始めてしまった原子・電子に
光(波動)を照射することによって、
正しい回転方向に戻す。というメカニズムです。


イメージ療法は、波動の照射なしに
深いリラックス(催眠状態?かもですが)によって“反転”を直す、
本来の免疫力を引き出す・・。

そんなふうにも思えますし、効果が実感できるものです。



私と同じ病気の方々にご参考にしていただければ幸いです。


ちなみにこの本には↓CDも付いているようですよ。
私は購入してみます☆




スーパーシニア

最近アイムスのフードのパッケージが変わったことには気づいていたんですが・・

犬・猫ともに『11歳以上用』のフードが出たんですね。


そろそろ犬のごはんがなくなりそうなので(また骨折しないようにw)
通販で検索してたら発見!

http://www.soukaipet.com/P8163749/p.html

フード類最安?のAmazonにはまだ取り扱いがありませんし
今まで使ってた7歳以上用より高めの価格設定ですが
もちろん即注文♪



外犬『コジロー』14歳は、去年の11月に急にヨレヨレになり
(顔も体も斜めになり、全身に震えが来て立っているのもおぼつかない・・
ドライフードは激しく吐き戻して以降まったく食べられず)
身内の誰もが“死”を確信して最後の別れを惜しみに来たほどでしたが、
一ヶ月ほどかけて奇跡的に回復。

あれも心霊写真の霊障?だったとしか、考えられないのです。。

ともかく今は、甘やかしておやつだのお楽しみ程度の缶詰をやめられない以外、
主食はアイムスのドライフードに復帰することができました。



Twitter上では、アイムスは残酷な動物実験を繰り返す企業としてつとに有名です。
だから「こんな新製品出たんだ~♪」と気軽にツィートできずに
個人ブログでちんまりと記事にするていたらく。。

ドッグフード、キャットフードのための動物実験。
とても残念なことです。


まぁご参考までに
アイムスのフードは、ちょうど9.11テロのあった頃に
販売者が『P&G』に移行した(P&Gに買収された)・・という事情が
(動物実験には)大きく関与していると思われますが、
以前勤めた会社、あんまり言うと語弊がありすぎるので
これ以上はやめておきます。。



猫のもぜひ試してみたいところなんですが

http://www.soukaipet.com/P8163743/p.html

長老の『十円』が去年の8月に亡くなり、
残念ながら現在我が家には“11歳以上”の該当ねこがいません。



『十円』の自宅介護を始めた頃、
やはりTwitterで見つけて犬猫用介護マットを作っていただきました。

http://www.hi-ho.ne.jp/wakabayashi-00/or/mato.html


制作者の方を含め、スタッフの皆様が一丸となって十円の容態を心配し、
応援してくださいました。
「夏なので、片側は熱のこもらない涼しい素材の布を使いました」
という制作担当の方からのメールに感涙。

十円は最期もこのマットの上で、やすらかに天国へと旅立ちました。


素晴らしい製品です。
なによりもスタッフの皆様のお気持ち、決して忘れません。


私は十円亡きあと、腰が痛いときにこのマットを敷いて寝ています。
効きます!☆☆

人間用にも開発されないかな・・と、
心待ちにしていたりします。



イメージ療法②

昨日は午後から冷たい本格的な雨・・という天気予報は知ってたんですが
教室を受講するため、病院に行って来ました。

金曜日は気功・呼吸法・イメージ療法etc、教室が盛りだくさんで
居ようと思えば一日病院に居られる感じのプログラムです。

ただしこの病院には食堂はもちろん売店もないので、
一日居る覚悟の人にはお弁当持参か
途中はす向かいの『山田うどん』での昼食がいいかもです。


総合病院なのに売店がないのはちょっとびっくりですが
入院患者さんには作務衣風の入院着貸与。
入院中の食事には「漢方粥」といったメニューもあり
献立表を見ると限りなく菜食(正食)に近づけている感じで、
そういう意味では売店は不要なのかもしれません。


そうそう、この病院には飲料の自販機はありますが
牛乳が売っていません。
『MEIJI』の自販機があるにも関わらず、です。
それに気がついた時には軽い感動を覚えました。
自然医学を推進する病院として、素晴らしい徹底ぶりだと思います。



さて、金曜日には「患者さん交流会」というコマもあり
初めて参加してみました。

私はてっきり、患者さんの座談会もしくは質疑応答会?みたいなものかと想像していたのですが
幼稚園の先生である娘が泊まりに来ては広げている
“お工作”みたいな時間でした。

昨日の工作はこいのぼりのパッチワークみたいなやつ。
これを入院患者さん、現役通院患者さん、患者さんOBでワイワイと・・
それぞれのパートに分かれ、楽しく作っています。
初参加の私は“ふきながし”作りをお手伝いしました。

古くからの患者さん達はみなとても仲が良く、
この方が本当に手術や抗がん剤治療を受けたのだろうか?
と思うほど元気な方ばかりです。

せっかくこの輪の中に入っていく機会が与えられたのだから
「交流会」のお時間には、行ける限り参加しようと思っています。
工作の完成も見届けたいし。



さてさて、昨日の私にとっての最大の楽しみは
大好きな『イメージ療法』、別講師バージョンを受けることでした。

毎週月曜日のイメージ療法は、男性の心理士さんによるもの。
金曜日のイメージ療法担当は女性の心理士さんで、12月~2月は休講だったので
産休でも取っていらしたのでしょうか。

とにかく3月から再開された金曜日の教室を初受講できるとあって
ワクワクでした。


内容は男性心理士さんのものとほぼ同じ。
でも、「体の力が抜けていく・・ポカポカしてくる・・」プロセスが
とてもゆっくりで、丁寧なんです。
不覚にも、聞いているうちに熟睡してしまったというか意識を失ったというか。

心地いい自然と触れ合うイメージ、は出てきたような気もするんですが
それは屋久島とかいった突飛な?ものでもなく
いえ、実は深く眠っていて、よく覚えていない。。

女性心理士さんによると
「この時間で眠ることは、普通の睡眠の二時間分の効果があると言われています」
そうで。

この気持ち良さは筆舌に尽し難い、
もちろんまた受けに行っちゃいます♪♪


昨日は最終の教室まで居るつもりでしたが
最後の名誉院長講話が休講とあってダッシュで帰宅、
お相撲を観ました。

弟に似ている把瑠都が三敗めを喫したときにはどうなることかと思いましたが
面白すぐる~~☆

ええ、今日と明日は大相撲にドンづきです。



罪とイジョー

Twitterはもともと、トク捜索をきっかけに始めました。

いきおい、私がフォローしている方、私をフォローして下さっている方は
「愛猫・愛犬迷子につき捜索中」の方が多いのですが
愛する子の失踪に心を痛めている方が全国にこんなにもたくさんいらっしゃることに、
胸がつぶれる思いです。

たまに「探していた子が見つかりました!」「帰って来ました!」
報告のツィートを目にすると、わがことのように嬉しい。

今朝は実に七ヶ月以上ぶりの愛猫帰還というこの記事に
嬉しくて涙が出ました。

http://sachifuku.cocolog-nifty.com/rescuelostcat/2011/09/no0031-pa-d3a6.html



トクが失踪して二年四ヶ月半が過ぎました。

「生きている。別の方の処で、とても可愛がられて暮らしている」
という霊能者さんの霊視を、私は信じています。


でももう一度でいい、逢いたい。抱っこしたい。


トクは小柄でプクプクした体型で目が大きく、
本当に可愛い子でした。


トクに激似の埼玉在住ニャンドル『メルル』ちゃん再び。

メルル

メルル

投稿日:2011.06.11

VIEW:2,248
nekojiman ネコジマン|猫画像,猫写真の投稿サイトより



私のケータイの壁紙は、常にトクでした。

GRP_0385.jpg


私はよくトクに向かって
「どうしてこんなに遠慮エシャクなく目が大きいの?
世界中の猫の可愛さひとり占めしちゃって。
これって罪だよ、罪」
と話しかけたものです。



いっぽう私が望んで迎えたトクと同じ茶トラの女の子の『カヨ』は
もともと目の大きな美人さんですが、
日に日にますます目が大きくなっていく気がします。


私にベタベタの甘えん坊であり、いつも朝まで一緒に寝てくれること
トクの好きだったオモチャに強い執着を示すこと
トクと同じく、火や熱いものをまったく恐れないこと

どうもカヨは、自分の「役割」みたいなものを知っていて
私のために、そのように成長していってくれている・・

そんな気がしてならないのです。


image_20120222110805.jpg


私は最近、いつもベッタリくっついていてくれるカヨに向かって
「どうしてそんなに可愛いの?
この可愛さは異常だよ、イジョー。」
と話しかけます。


罪だのイジョーだの。

私の飼い主バカっぷりにさえ目をつぶっていただけば
誰も傷つけない、
そして私はイジョーに幸せ。


いつかトクに再会できて
片手に『罪』
もう片方の手に『イジョー』。。

こんな幸せが到来したら私、自分で自分のヒコウを突いて
「我が生涯に一片の悔いなし!」とラオウさながらに昇天してもいい。

いえ本当に。



年の差婚

ドリカムの吉田美和サン、19歳年下の男性と結婚!のニュースに
今日は朝からwktkしてしまいました。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/eyenews/2012/03/19juon.html

19歳年下ってすごい!

(それから吉田美和の曲を「姉妹の曲」としてカラオケでとても上手く歌う
私のいとこ・美和サン似のIttちゃん!
貴女もこれからもうひと花あるゾ ガンバ!w)


“女性が年上”のカップルの婚姻が増えているそうですが
男性の頼りなさ度がアップしているというべきか、
女性の方が平均寿命が長いことを考慮すると
理に適ってるというべきか。



今まであまり話題にのぼりませんでしたが
私の息子は昭和61年2月生まれの寅年、26歳です。

娘が別れた亭主にそっくりなのに対し
息子は私似です。


写真を貼ってもどうせ困るようなことはないでしょうから
貼っちゃいましょ。w

良樹&モック



息子のお嫁さんのk美ちゃんは、息子よりひと回り上の寅年、
12月生まれの37歳です。


k美ちゃんは四代目ミスマリンちゃんの『渡辺未優』チャンに似ています。

未優


個人的には(k美ちゃんに似ているため)
歴代ミスマリンちゃんの中でも、彼女が好感度No.1かな♪

miyu.jpg



あっ!これって!?
サンヨー『海物語・沖縄2』の衣装かしらん!?

沖縄2はですね、確か息子と一緒にイベントの日に行って
出るわ出るわ38回当たり、52000発オーバー・・の経験があり.
って何年前の栄光なんだよw
最近はまったく行かないのでよくわかりませんが(キリッ


えぇ、ほんと。可愛いんです、k美ちゃん。


息子に限っては、極度に寂しがりで甘えん坊なキャラなので
よくもまぁ、年上で甘えさせてくれる可愛いひとを見つけたもんだと
母親としては感心しきり、k美ちゃんに感謝しきり。

でもたま~に、みんなで談笑していて
「やっぱりジェネレーションギャップみたいなのってある?」
と感じることもあります。

たとえば『シャコタン』っていう言葉とか。
k美ちゃんと私には解りますが、息子には解らない。


私と同じく結婚破綻経験1の弟は
「k美ちゃんくらいの年齢って、本来俺くらいの年の男でも
恋愛射程範囲内なわけでしょ?
それを下の年齢層から逆に突き上げられるって、ものすごく脅威を感じる」
などとのたまいますが
酔っ払いのおぢさんのたわごとはさておき。


ふたりには、ともに健康でずっと仲良く暮らしていって欲しいと
心から祈っています。


吉田美和さんも。
「一緒に健康」が第一☆だよ。


ご結婚 おめでとうございます。どうか末永くお幸せに!



東京ゴミ戦争

うけけ。。

杉並区の恥ずかしい歴史って、こんなにも古くからあって
かつ根の深いものだったんだ・・。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B4%E3%83%9F%E6%88%A6%E4%BA%89


もう見に行くのやめる、って決めたのに、ねぇ・・。


本当にやめるから、お口直しに半次郎9歳の可愛~~い足の裏でもどうぞ。

ファンの手




ウンチングオブジェ

どうもね・・。

何かが気になりだすと、そればっかり気になってしまう、
のは性格のようで。
つい目についちゃう、んですよ。。


こんなの。
http://www3.hp-ez.com/hp/kakusan/page1


とか、こんなの、とか。
http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_100-8000.pdf


とりあえずわれらが埼玉は
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120320/cpb1203200501000-n1.htm


だそうなので、もうこれを以てあれこれ考えたり見に行ったりするのはヤメます。


でもおかげで、ちょいと面白い記事もめっけ。


がんの治療と医療大麻
http://togetter.com/li/125064


私の父は現在『神職』にあられまして
かねてより“麻の精神性”について研鑚するアウトローな『神道人』でもあります。

父によると、麻療法を採り入れようという意欲のあるお医者さんは、
日本でも皆無ではないらしい・・ですよ。(^-^)



昨日までは風の冷たい関東地方でしたが

今日買い物に出たら、ぽかぽか日ざしのなか、近くの幼稚園は卒園式。
お花を手にお墓参りに向かうひと。
近所の梅がいっせいに満開。

猫風邪が猛威をふるった記録的に寒い冬が、やっと終息を迎えた感じです。


寒い日には、長毛モックが毛布の端をくわえて
ゴロゴロ言いながら両足でフミフミ・・と、寝場所の地ならしをすることは
以前お話しさせていただきました。

熱が入ると、こんな風に渦巻き状のオブジェが完成します。

image_20120220145530.jpg


ソフトクリーム?というか
まるでケータイ絵文字の巻き巻きウンチそのものw


昨日の夜、寝ようと思ったら
また出来ていました。

image_20120220145443.jpg


このモックの前衛的な作品
恐らく今季は、これで最後かと・・




鈴の音ひかえめ

漢方薬『ゴシャジンキガン』が効いているのか、
ここのところ椎間板ヘルニアによる腰痛や足のしびれもなく
ぐっすり眠れる日が続いています。


今日は朝からTwitterにはり付いていた感じです。
そう、がれき受け入れ反対や徳島県礼賛のツィートが気になって・・


途中バカバカしくなって、本でも読もうとベッドに入ったら
例によってカヨがゆるゆると寄って来て、、

瞬間。
ベッドの上に居た長毛モックが、「ダメざます!」と
首輪をチャリっと鳴らしてほとんど飛んで来るように、
カヨの定位置である私のわきの下を奪取。
まさに秒殺?でした。

こんなに暖かくなっても、
モックのヤキモチはまだ続いているようで・・orz

そのままモックのゴロゴロにいざなわれ、
本を読むはずが数時間のお昼寝へと・・。
気持ちよかったですぅ♪

モックに先を越されて布団の中への侵入を諦めたカヨは、
ベッドの上の半次郎・キク・チョビの輪の中で一緒に寝ていました。
モックおばちゃん、夜は何時間かでリタイアするから
カヨたん、また夜中~明け方は一緒に寝ようね。


首輪の鈴の音で思い出しました。


我が家の猫たちは、たまに外出や脱走の危険性のあるモックと半次郎以外、
首輪をつけていません。


猫の聴覚は人間の約20倍と言われています。
よって、首輪についている鈴の音は、猫にとっては大音響なんです。
これにより難聴になってしまうケースもあるのだとか。

市販の猫首輪にはほとんど鈴がついていますから
首輪を買う時には、なるべく音が控えめなものを選ぶようにしています。
それから猫は縦に動く動物なので、
万が一どこかに引っかかったとき、伸びたり外れたりすることは必須。


弟曰く
「外出している『毛』が、俺の足音を聞きつけて
チャリチャリ・・って鈴を鳴らして帰って来ると、一瞬
可愛いなぁ・・って思ってしまう。いけないいけない」
だそうで
何がいけないんだかよくわかりませんが。。


『トク』が失踪してしまったとき、
「この子は絶対に外には出ないから」
「鈴、うるさくちゃ可哀相だし」
という理由で首輪をつけていなかったことを、激しく後悔しました。


そうだ。
外出は絶対にあり得ないけど、
キク・チョビ・カヨにも首輪を買ってあげよう。


モノをあれこれ選ぶというのは、それなりに楽しいことです。
少なくとも、徳島礼賛のRT見てヤキモキしているよりか数十倍、いい。


富山にいるPさん、こんなのはどうでしょ。

http://www.amazon.co.jp/%E7%8C%AB%E7%94%A8%E9%A6%96%E8%BC%AA-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%B5%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF-%E7%8C%AB%E3%81%AE%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97/dp/B0051ZFYH8/ref=pd_rhf_ee_p_t_1

鈴の音もひかえめそうだし
ウチの子たちに、似合いそうでしょ♪♪



自家発電のススメ

弟がブログで過激な発言をしています。
http://pnara.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

昨日の深夜この元記事をTwitterで見つけ、
メールで彼に送ってしまったのはスミマセン私です・・


弟はきっとかなり飲んでいたんでしょう。

この間の富山のママさん連の『がれき受け入れ反対』署名運動もあり、
彼の心の琴線にピピッと触れてしまったであろうことは想像に難くありません。


ご理解いただきたいのは、
弟は震災まで福島で仕事をし、当日福島で地震に遭い、
仕事上の知り合いが亡くなったり自らも仕事の継続が困難になるなど
「フクシマでの被災者」の一員であるということです。


この千葉での署名運動なんですが。
http://takumiuna.makusta.jp/e172045.html


一見、理路整然と見えますが
(だからTwitterでたくさんRTされちゃうんでしょうね)

文章の“てにおは”からなっていないことはまださておき
論拠が決定的にねじまがっています。

引用します。

>>
またあまり知られてませんが細野豪志環境相は、被災三県の瓦礫処理が
五パーセントしか進んでいないと語っていますが、広域処理に回される瓦礫は、
政府計画でも瓦礫総量の20%にすぎません。
つまり、かりに広域処理が半分進んでも、処理率は10%上がるにすぎないので
す。瓦礫処分の遅れの主な原因は、広域処理が進まないことではありません。
残り80%をどう進めていくかがある意味、スピードアップのカギでもあるのですが
復興が遅れている理由を、あたかも住民が反対してるからと報道し
政府の無策を反対住民にすり替えるということが起きてしまってます。


>>広域処理に回される瓦礫は総瓦礫量の20%にすぎない
>>かりに広域処理が半分進んでも処理率は10%上がるにすぎない
>>(国は)復興が遅れている理由を(中略)反対住民にすり替え・・


おいおい。
「残り80%」を楯に問題をすり替えているのは、
あなた達なんじゃないの・・。


彼らがひきあいに出している徳島県もおかしいよ。

国が安全と認めた基準値が信じられないなら、
徳島県は国が安全と認めた医薬品やレントゲン・CT検査、放射線治療なども
県として再考をすべきでは?

『国際的な基準』云々いうんなら、
一部の国で販売が禁止されてるLL牛乳。マーガリン。など、
徳島県は、独自に調査して販売中止を検討しないの?

60歳男性の質問はすごくまっとうだと思うんですが
県からの回答に、納得してしまったんでしょうか。。


このままでは被災地が、ほんとうに被差別地域になってしまいます。


そもそもさ、こうした住民運動を起こす人たち
(その錦の御旗は例外なく『子ども』)。
被災地にもたくさんの子どもがいるんだって、思いを馳せないの?
電気使わないの?

国と電力会社も、急進的なアンチ原発派やがれき受け入れ反対住民には
「電気を供給しない」と宣言すればいいのに。
かつて「文化区・緑の杉並にごみ処理場を持ち込むな!」と住民運動を起こして
ごみのボイコットをくらう寸前だった
恥ずかしい杉並区の話みたいにw


「私たちは!
子どもたちのために!
放射能に汚染されない、環境に優しいコミュニティーを!
◎◎県◎◎村に作ります!
独自の発電施設を造り!自給自足の生活を目指します!
さぁ皆さん!未来ある子どもたちと一緒にここで暮らしましょう!」

みたいな運動が起こったら、署名くらいしてあげてもいいかな。

風車による風力発電だったりしたら、もっと素敵♪



『幸せ』の伝染

チョビとカヨが我が家の子となって、四ヶ月が過ぎました。

生後三ヶ月ほどでやって来たふたりは、
彼らの人生(?)のうち半分以上を私と一緒に過ごしてくれていることになり
そう考えると感慨もひとしおです。


同月齢ですが兄妹ではなく
男の子と女の子であるチョビとカヨ。

生後七ヶ月となり、個々の性格がはっきり分かれてきた感じです。


男の子のチョビは、どこまでもマイペース、泰然自若。

image_20120216093820.jpg


お見合いに行ったとき、保護主さんの“子猫部屋”の中で
真っ先に私に寄って来た甘えん坊ぶりは
はるか昔のことのような。。

人間やお姉さん・オバサン猫たちにチヤホヤされることを
ごく当然のことのようにとらえている感じです。

寒ければ、私の顔や頭の上をズカズカ踏み越え
先客が居ようが居まいがお構いなしで布団に入って来ます。
ゴロゴロ喉を鳴らすサービスはなし。w


女の子のカヨは、内弁慶・甘えん坊・好奇心旺盛。

image_20120216093703.jpg


オモチャで遊ぶことが大好きですが
とりわけ『トク』が大好きだった赤いネズミ二種に強い執着があり
不思議なことです。

やって来た当初はチョビのあとばかりをくっついている感じでしたが
オモチャで一緒に遊んでくれる『キク』お姉ちゃんが好き、
一緒に寝てくれる『半次郎』オバチャン(おぢさん♂?)も好き。

長毛『モック』おばちゃんのフサフサの尻尾で遊びたくてしょうがないのですが
なかなか許可を貰えません。w



この子たちを見ていると、本当に幸せそうで

そんな猫たちを幸せにしてあげられることが、私の幸せでもあります。


病院で受けた気功や呼吸法の教室で、まず最初に
「笑っているときの表情をイメージして唾液を飲み込み
丹田(“気”の集中するお臍の下)を緩め、開く」
というステージがあります。

『笑い』の効用についてはマスコミなどでもさんざん取り上げられてきたようですが
それもありかな・・って思ったりします。


テレビの裏の配線が気になってしょうがないチョビが
「あれ?今日も目新しい発見がなかったなぁ・・」という表情で裏から出て来たとき

赤いネズミのオモチャを得意げにくわえているカヨと目が合ったとき

彼らは私にかけ値なしの笑いと幸せをくれます。


おかげさまで飼い主は、チャクラが開きっ放し?
免疫力向上しっ放し?・・だよ☆


本当に、生まれてきてくれて、ありがとう。



地震ノイローゼ

最近、千葉の浦安でひとり暮らしをしている母が地震ノイローゼに陥っているようです。

電話をかけてきては
「また揺れている。怖い」
「地震が来た時のために、いつでも外に出られる格好で寝ている」
「一気に死ねるんならいいけど、家具の下敷きになって身動きができないまま
じわじわ死んでいくのは絶対にいや」
・・などなど、必ず“地震が怖い”ネタを長々と聞かされます。


母は四年ほど前に交通事故に遭い片足が不自由なので、
思うように体が動かない不安ともどかしさは理解できるのですが

彼女が生への執着と表裏一体である“恐怖”を繰り返し口にすることに
長年身内をやっていて、少し驚いたりしています。


どうも彼女は、自分を「うつの傾向にある」という括りに入れたいようで
「また鬱になってるよ・・」などなどの話はここ数年何度も聞かされてきたんですが

今回の地震恐怖症にあたっては
「不安で不安で、息ができなくなるの。トクちゃんがいなくなった時のあなたと同じ。
これってパニック障害よね!」

あげくに
「あんまり息苦しくって、私、肺がんなんじゃないかと思う」
とまで・・。

おいおい。

本物のがんの患者である娘に対して、失礼すぎまいか。。



病気になって「言われて嫌だった言葉」は以前紹介させていただきましたが

私にとって、いちばんDQNな発言を繰り返してきたのは
もしかしたら母かもしれません。

その語録です。


①(病気再発が発覚し、それを淡々と母に報告したとき)
「どうしてそんなに投げやりなの!?
がんと闘ってやる、一日でも長く生きてやる!って思わないの!?」

⇒これは私にとってワーストだった「諦めるな!」よりすごい。
まぁ、彼女が私の母親であることを考慮すると、許容範囲内かな、と・・


②(離婚した私の元亭主の詐欺的行為と無責任ぶりが再度話題になったとき)
「Nちゃん、いい死に目に遭わないわね!
彼は間違いなくいずれガンになる!
ガンになって、苦しみ抜いて死んでいくわよ!」

⇒これは去年の話です。
私は既に、再発を診断されたがん患者のひとりだったわけで・・

仮にも母は、自分の父・妹・兄といったごく身近なひと達を
がんという病気で幾度も見送ってきた人間です。
子宮がんで亡くなった叔母(母にとっては妹)に至っては、まだ三十代前半という若さでした。
彼らが安らかに天国に行けたのか、
母のこの発言を聞く限り・・とても心配です。。


③(去年の五月、母の兄である伯父が亡くなり、お通夜とお葬式に着て行くものについて)
「がんの帽子、あれ(かぶって来るの)やめなよ」。

⇒さすがにこれは私のみならず、すべてのがん患者さんに対する差別的な発言と感じましたので、
反論をしました。

「まさか、お葬式にいつも被ってる帽子かぶって行くわけないじゃない。
それに私がかぶっている帽子は、“がんの帽子”じゃないの
普通のニット帽なの。
がんの患者さんが普通の帽子を被っていてもすぐに判るのは、
帽子のせいじゃないの。
抗がん剤によって眉毛も睫毛もみんな抜けてしまうから!だよ」


・・こんな失礼な発言を繰り返す72歳のおばあさんとそれでもまだつき合っているのは
やっぱり身内だから、なんでしょうかねぇ。。



昨日の夜は久しぶりの『緊急地震速報』。
ガツンという揺れが来ました。

そういえば、東日本大震災の時は、震度5強あった埼玉では鳴りませんでした。

あれって、高齢者、とりわけ地震ノイローゼの傾向にある体の不自由な人には良くないと思います。
鳴ったからって敏速に何かができるわけでもないんだし。

らくらくホン使用層には心臓に悪いだけ、いたずらに不安をあおるだけ。
百害あって一利なし?

とは言いませんが
せめて、母のらくらくホンは鳴らないようにして欲しいなぁ・・。



署名しません

3月11日をはさみ、更新をはばかっていました。


被災地のことを思うと、
埼玉でも最も地盤がしっかりしていると言われる地域に住み
半日停電して何も状況がわからなかった・・という以外は何も被害を受けなかった私が
通りいっぺん?のようなお見舞いの言葉を発することに、ためらいがあり。


そもそも被災地の方々にとって
「がんばろう」「つながろう」「絆」といった言葉は
がん患者が「がんばって!」と言われたくないのと同様
苦々しい言葉なのではないか、とも思ったり。


また、原発事故のあと脱原発派の方々が急増したのもさることながら
このままでは
「フクシマ」「原発」「がれき」が禁忌のもの、
差別用語になってしまうのではないか・・という危惧もあります。



私は東京都杉並区で生まれ、育ちました。

私が高校に入ったばかりの頃、杉並に新しいごみ処理場が建設される計画が持ち上がりました。
ところが杉並区では建設をNOとする住民運動が勃発。

当時23区内唯一のごみ処理場だった『夢の島』を有する江東区から
逆に「杉並区のゴミは受け入れない!」ボイコット宣言をつきつけられ、
しぶしぶ住民運動を取り下げた・・という
とても情けない経緯が、杉並のごみ処理場にはあります。



福島で被災し、現在富山で仕事をしている弟のブログ記事です。
http://pnara.blog.fc2.com/blog-entry-67.html


思わず杉並区の恥ずかしい歴史を思い出してしまいました。

やれやれ。

こうしたママさん達は、自分の子どもが成長したあかつきには
「フクシマ出身の女は、嫁にもらうな」
とでも言うんでしょうか、、ね。



アブラキサン

冬に戻ったような冷たい雨です。


金曜日は病院の無料教室が充実、おまけに2月まで休講だった
『イメージ療法』の別講師バージョンが3月から再開されたとあって、
ぜひ行ってみたかったんですが・・雨二負ケました。


暇にあかせて他の方のブログなどを見にいっているうち、
私が使った抗がん剤と同じものについての記載を見つけ。
さらにそれが物凄く高額!であることを改めて知り・・
今日の記事はこれにします。


私が最初に使った抗がん剤はこれです。

アブラキサン
http://www.gsic.jp/medicine/mc_01/abraxane/index.html


私はこれを治験の「大量投与」という形で受けました。

治験薬名は『ABI-007』、承認後の『アブラキサン』よりよっぽどカッコいいものでした。
ミーハーな私は、治験で医療費がタダになるということよりも
このカッコいい名前に惹かれた・・と言っても過言ではありません。


ちょっとシチ面倒臭くなりますが、ABI-007は従来のタキソール系の
抗がん剤成分『パクリタキセル』をヒトタンパク(血液)由来の『アルブミン』でコーティング。

がん細胞に到達するまで溶けにくい、よって正常な細胞を破壊しづらいというふれ込みの
いわば血液製剤の一種でもある画期的な抗がん剤です。


髪の毛というか全身の毛という毛は約二週間で一斉に抜けましたが
腫瘍マーカーは目ざましく下がって行きました。
腫瘍縮小効果も二重マル◎だったようです。


でもこれを三週連続で受け、一週間間歇して次の投与のため血液検査を受けたら・・

大酒飲みかつ肝臓にも大きな腫瘍が複数ありながら、
血液検査上では健康な人を上回る良好な数値を叩きだしていた私の肝機能の数値が
軒並み500だ600だ~!劇症肝炎一歩手前。

医師びっくり、さらにこの薬を私につないでくれた
『治験コーディネーター』さんは青ざめ・・
ひとの顔色が本当に“青ざめる”ことがあるんだって、
この歳になって初めて知った気がします。


それから二週間、肝機能修復のための点滴に毎日通いましたが一向に改善せず
むしろ悪化の一途を辿ったので、
入院二週間。


なんとか生還できましたが。。


ちなみに治験を受けていた日本の患者さんの中で、
このような重篤な肝機能障害が出たのは私ひとりだったようです。


さすがに、肝機能障害の期間中はお酒を禁止される以前に、
飲みたいと思いませんでした。


そうそう、入院中に外でコーヒーを飲んでいたら
抗がん剤の点滴をぶら下げてスリッパのまま、歩くと片道100mはあるコンビニに出かけていって
「酒とタバコ買って来た♪どうせ死ぬんだ。あなたも飲むかい?」
と、ワンカップを差し出してくれた背の高い品のいいおじいちゃんがいました。
飲みたくなかったのでありがたくお断りしましたが
がんセンターには、こうしたユニークな患者さんがけっこういます。
またのちに。


さらに落ち着くまで断酒二ヶ月。

把瑠都似の弟は「福島の仮設住宅に断熱材組み込みバイトに行って、
俺は20日間!一滴も飲まなかった。俺の酒飲み人生で最長。
君はそれ以上飲まなかったことがあるかい?」と自慢しますが
何回も病院に一緒に行ってくれていながら、忘れてもらっちゃー困る!

悪いけど私の二ヶ月の方が上だよ。w


この薬は私が治験を受けている間に承認され、『アブラキサン』として
現在も多くの患者さんに使われているようですが
その価格が保険適用後も高額なのにびっくり。
他の薬の併用や検査なども含め、アブラキサン投与の通院で一回10万円を超える支払い
・・と、がん闘病中の患者さんのブログで見ました。


抗がん剤。
医師に勧められるまま、高額な費用を支払って受け入れていいものなのでしょうか。

・・と、抗がん剤をリタイアした私が言ってもあまり説得力がないかもしれません、が。
ただ言えることは、私の強靭な肝臓は、機能を総動員して抗がん剤を拒否したのではないか・・と。


私と同じ病気の方々が、本来のがんによってではなく
薬や放射線などの治療によって命を取られないよう

祈るばかりです。



獣医さんpart②

ここのところずっと暖かだったのに、今日は冷えた・・感じでした。
風邪引いたかなぁ。。

涙目だったチョビには、気づいてすぐ目薬をさしてあげたのですが
朝には完治していましたので、動物病院にも行かず。

手術の予約の電話を入れたところ、なんと!
今月はもう予約がいっぱい!
さすがは激安の獣医さんです。
こんなことなら、電話だけでももっと早く入れておけばよかった。


以前かかっていたK動物病院にお願いすることも考えたんですが、
価格差もさることながら、実はここだけの話。。

マメ・キク姉妹をちょうど一歳で同時に避妊手術に出したとき、
急逝してしまったマメの方に、手術の傷跡が二ヶ所あったんです・・

弟は「新人の獣医に手術をさせて、メスを入れたときにベテランが
『あっ、そこじゃない!』と慌てて止めた」
と推察しましたが、本当にそんな感じ。

一週間後の診察に行った時、傷跡二ヶ所の件について質問してみました。

まさに新人さんと思われる若い女性獣医師さんが
「そっ、そこは、、おヘソのあったところです」と答えたことに
なんとなく釈然とせず。。


そのことがマメの急死と因果関係があるとは思っていませんが、
チョビとカヨにはこのようなことがないようにしてあげたいし。
ほら、お祖母ちゃんの気分ですから♪


とりあえず4月7日の土曜日で手術の予約を取りました。
どうかそれまで、チョビとカヨに春が訪れませんよう、祈るばかり。



・・とここまで書いてたら、ひとり暮らしの母の酔っ払い電話に襲われ
すっかり気勢をそがれてしまいましたorz

彼女はとても愛情深い人なのですが
酒癖の悪さだけは、なんとかして欲しいyo


把瑠都似の弟もタイ在住の貴ノ浪似の弟も、
心あればたまに電話の一本でも入れてやって下さい頼んます。

いちばん酒癖の良い姉は、腰痛と可愛い猫達の世話で手一杯なんで♪



お祖母ちゃんの気分

すっかり更新をサボってしまいました。

何人かの親戚や友人がここを見て私の“生存を確認”してくれているはず、
心配かけてしまったらすみません。


把瑠都似の弟は、戻り予定だった月曜日に本気で冷たい雨が降っていたのと
専属猫のキクがこんな風に「お父さん、行かないで~」と引き留めるので

image_20120207153744.jpg


結局、昨日の朝に再び富山へ赴きました。


私は昨日は漢方外来と気功教室、今日は歯医者さんと
すっかり元の病院通い生活に戻った感じです。


この五日間、すっかり弟にゴチになる形で痛飲を繰り返していたのですが
ひとつわかったこと。

「飲み過ぎは、腰痛に最もよくない」。

腰痛持ちの皆さん、気をつけましょうね・・。



今日歯医者さんから帰ったら、チョビが左目から血の混じった涙を流していました。

食欲もカヨと遊ぶ元気もあるんですが、どうしちゃったんだろう・・
心配です。

私のギプスが取れて全員爪切りも完了したし、
何よりも皆にチヤホヤされているチョビを引っかく猫は、
我が家にはいないはず。

image_20120207170148.jpg


何か先の尖った物で遊んでて目に刺さったか、
どこかにぶつけてしまったか・・(泣)

今日は動物病院の休診日なので、明日の朝イチバンで連れて行ってみます。

電話で済ませるつもりでしたが、去勢手術の日程についても相談、
予約を入れて来よう。


なんかね・・。

チョビとカヨについては、今まで飼った猫の中でもいちばん、
過剰に甘やかしたり心配したりと。

孫を持ったお祖母ちゃんの気分です。


だからといって、この子たちに癒されていることが
“枯れている”ってことではない、とは思うんですけど、ね。。



長ーい50日

気がついたら三月です。


漢方外来・整形外科・気功やイメージ療法といったトリプル通院に加え
予定外の歯医者さん、と激しく病院と仲良くしていたために
“二月中のチョビとカヨの去勢避妊手術の断行”の決意はずれ込んでしまい・・
本人達はまだまだ子猫の気分なんですが、うん、近いうちに!



おととい木曜日の夜、弟が約50日ぶりに埼玉に戻って来ました。

久しぶりに弟の好きな隣駅の居酒屋に行き、ご馳走になりました。
豆乳鍋、超~美味でした。ゴチ!


大酒飲み姉弟、延々五時間ほど痛飲し
(それでも帰りにまたビールを買って来るっていう、ね)気分良く帰宅。


50日ぶりの弟の帰還に対する猫たちの反応は・・


①内弁慶なカヨ:目を丸くして押入れの中に逃走。

②お気楽チョビ:「おじさん、こんばんは。いらっしゃい。」(アクビ)。

image_20120203185617.jpg


③ボス猫半次郎9歳♀:「いやぁ~Pさん、おかえり。まずはケツを叩いてクリや♪」

【注】半次郎には「お尻を叩いて貰うのが大好き」という
奇妙な趣向があります。
寄って行ってお尻を向ける、というのは彼女なりの挨拶
もしくは愛情表現なのですw

GRP_0684.jpg


④孤高のモック:「・・・・・」(大勢に影響なし)。


さて、弟が会うのを一番楽しみにしていたと思われる
弟の専属猫『キク』はというと・・

目を合わせない。
弟が無理やり抱き上げても、体を硬くしてる。

結局木曜日の夜は、弟は誰も猫が布団に入ってきてくれないという
寂しい一夜を過ごしたようです。


まぁ、キクは“拗ねていた”ようで
昨日の夕方には、弟の膝の上で鼻水を垂らしながらゴロゴロ言ってましたが。。

弟はまた月曜には富山へ行ってしまいます。


我が家の五匹の猫。

弟を覚えていてケツ叩けと歓迎したのは半次郎だけで
あとは“忘れている”か“どーでもいい”か“拗ねている”・・
全員、私ベッタリの猫になっている。

私、もしもヘルニアがひどくなって入院しなくちゃならない、
とかになったらどうしよう。


・・先が思いやられます。



プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。