FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月9日

先月の24日から、また入院しています。


腰椎の痛みが悪化して、ベッドから起き上がることも困難となってしまって・・(泣)
まさしく「担ぎ込む」といった感じで病院まで連れて来てくれた弟には感謝、感謝。


治療はひたすら「痛みを取ること」です。
使用する薬はいずれも麻薬。

痛みを止めるベースに『MSコンチン』、または貼り薬の『フェントステープ』
レスキューとしてモルヒネ。

このほかに、整形外科的痛み止め?かと思われる『セレコックス』
(胃を荒らすことは実感するもの、私には定番のロキソニンのほうが効くような気がします)
漢方処方の『ブシ末』、をずっと続けています。

コンチンとフェントステープには強い吐き気・便秘・全身の痒みといった副作用があり
子どもの頃から“ゴリラの腹”を自他ともに認める丈夫な内臓の持ち主・・たる私でも
吐き気に勝てましぇん~orz

現在は副作用を見計らいながら、
どの組み合わせと使用量がベストなのか、模索している状態です。



さて、今日は11月9日でした。

ちょうど三年前の今日、愛猫のトクが失踪。

11月9日は、おそらく私の人生の中でいちばんインパクトの強い日です。


トクモザイク-2



誰の誕生日よりも、どんな記念日よりも、誰の命日よりも、
私にとって忘れられない日。

きっかり三年間だけ一緒に居られたトクと会えなくなって、
きっかり三年が過ぎてしまいました。

「ひとつだけ願いごとがかなうとしたら?」と質問されたら、私は迷わずに
「トクと再会したい」とこたえます。

トクと再会できたら、病気なんて平癒、
あるいは“共栄”はしませんが病気と共存できる自信がありますし。



我が家の猫たちは、私の退院をのん気に待っているようです。


秋となっても、警戒心のかけらもなく大股開きで日光浴中の妙齢の乙女。

DSC_0030.jpg


忍び寄る黒い影。

DSC_0031 (1)


黒い影の視線の先には・・

DSC_0108.jpg


そろそろボス猫の地位を奪取されそうなオバちゃん猫10歳が・・。

DSC_0111.jpg


薬のせいで日中の大半をうつらうつらしていても、
けっこう書き留めておきたいことって、あるもんですね。


今月は11月

トク捜索強化月間?として、なるべく記事をアップしていきたいと思っています。



スポンサーサイト

コンプリートケア

8月も半ばとなってしまいました。

去年の8月は、もっと暑かったような気がします。


思えば去年の8月は、6日にキクの姉妹猫『マメ』が急逝
11日に長老猫の『十円』が二ヶ月半に及ぶ自宅介護の末永眠
・・と、私と弟にとってとても悲しい月でした。


そんな8月ですが、
去年の11月に新しい家族となったチョビとカヨが、一歳の誕生月を迎えました。


すっかり“ブサカワ”キャラが定着しているおとぼけチョビ。

チョビアップ



愛猫トクの失踪からちょうど二年が経ったころ、私が望んで望んで迎えた
トクと同じ茶トラの女の子・『カヨ』。

「食べちゃいたいほど可愛い」ネコ再来、です。

カヨ②



先月末に、弟が富山から埼玉に戻って来ました。

射手座ゆえか決断と行動はいつも飛んで行く矢の如く早く、
自分の行動に関し釈明や講釈をつけないのが弟です。

左足にまひが残り要支援となった私のために、
仕事の拠点を富山から撤退する道を選んだ・・としか。

彼の大きな足かせとなってしまった我が身がうらめしく、
申し訳ない限りです。

でももしかしたら神様(のようなもの)が、
こうした状況から新しく何かを学びなさい、と
私にも弟にも言っているのかも?しれない。

そう思うことにしました。



久しぶりに腰をすえて猫たちと対峙した弟の最大の関心は
「毛並みと毛づやが悪くなり過ぎている!」ことでした。

それはほとんど“怒り”の域。

DSCF1466.jpg


私はかつてペットフードメーカー・アイムスに勤務していたこと
ドッグフードもキャットフードもアイムス一辺倒だったこと

しかし今年の初め、アイムス商品のマイナーチェンジに伴い
9歳の長毛『モック』とカヨにアレルギー性腸炎が出てしまったこと
よってアイムスのキャットフードの使用は中止

・・といった経緯は、すでにお話しさせていただきました。


以降は『ピュリナワン』の、毛玉ケア機能つきかつお腹にやさしいオリゴ糖配合のフードを使っていました。

便質は安定しましたが、
毛づや・毛並み・毛の柔らかさ・目の輝き、、
そのガタ落ちぶりは
同じく十年以上も自分の飼い猫にはアイムスしか与えてこなかった弟には
“許せない”も通り越して“怒り”の領域にまで達していたようでorz


先日弟に買い物に連れて行ってもらったとき、ペットショップで
「アボダームにしようか」「プロプランにしようか」
「でも、異常なまでの高値だよなぁ・・」
と悩んでいたら、
リニューアルする前の旧パッケージのアイムスを発見。

これなら血便も出ないはず!とさっそく買いました。

image_20120705181046.jpg


フードを切り替えて数日。

「キクの毛の柔らかさが戻って来た♪」
と弟が満足な評価をつけ始めたのと同時進行で、
長毛『モック』のウンチが徐々に緩くなり
とうとう便に血が~~(涙)


ここで私は四~五年前に一時期、『ニュートロ』の『ナチュラルチョイス』
というフードを使っていたことを思い出しました。

一日の給与量はアイムスより多いものの
(高栄養を謳うアイムスは、その給与量の少なさを経済的として、
優位性のひとつとしています)
毛並みや便質がはるかに劣ることはなかったような・・?


さっそく検索をかけました。

以前は『メンテナンス』しかなかったように思うんですが

『室内猫用』⇒毛玉ケアですかね。
シニア組の長毛モックと半次郎のことを考えると魅力的ですが、
オリゴ糖が配合されていないようなので×。


ここでちょっとシチ面倒臭い話を。


ヘアボールコントロールとか毛玉ケアとかいったキャットフードには、
毛玉を絡め取る繊維質として例外なく「セルロース」が使われています。

ところがこのセルロース、太くて堅くて発酵性の低い繊維質であるため
便をカチカチに固くする傾向があります。
消化機能の弱い子や高齢の子などは、
極度の便秘や、逆にお腹を荒らしピーピーの下痢を引き起こすことがあります。


時効だと思うのでお話ししますが、
私はアイムスの毛玉ケアシリーズが発売された当初、サンプリングに行ったペットショップで
「10歳超の長毛のシニア猫。
ショップの推奨フードだったため、子猫の時からアイムスドライしか与えていなかった。
毛玉ケアが発売となったので与えたら、ウンチが固くなり出が悪くなり、
とうとう全く出なくなり開腹手術に至った」
と、涙なくしては聞けない飼い主さんの声を伺ったことがあります。
アイムスの毛玉ケアも、発売後数年間はオリゴ糖の配合がなかったわけで・・


ヘアボールタイプのフードには、絶対に整腸作用のある、できれば天然のオリゴ糖が配合されていなければなりません。
(少なくとも、飼い主としての私の信念です)


ニュートロのフードの話に戻ります。

『コンプリートケア』
⇒以前はなかった製品です!

ネーミングを目にした瞬間、注文ボタンをクリック♪
コンプリートにケアしてくれるフード。
う~ん素晴らしい!

原材料すべてに目を通し厳しくチェックしている飼い主が、
最後はネーミングにほだされて一瞬で購入を決めるって・・
かえす返すも、ミーハーな母でごめんね。


でもさぁ、我が家の5にゃんこたち。

あなた達に、お腹こわして欲しくない、
抜けづらい柔らかい毛なみとキラキラ光る瞳を持ち
ずっと健康でいて欲しい・・

そのお母さんの気持ち、
わかってくれるかなぁ・・。


いえ。

愛とは見返りを期待するものではなく
無償のものであるはず、なので

わかってくれなくっていいや。

でも、ずっと健康で、天命まで長生きして。ね。



キジ君リターン

入院中とても気になっていたのは、自宅のワンニャンに加え
“玄関先にごはんを食べに来るニャンコ”のことです。


以前お話させていただいたように、我が家には去年の春先から
三毛のミータン⇒同じ家の出身と思われる『キジ』君
⇒キジ君の彼女と思われる若いメス猫
が、入れ替わるかたちで玄関先にごはんを食べに来るようになり。


キジ君はサカリの時期に若妻であるメス猫にエサ場を譲って放浪の旅に出かけ
若妻は、四月に出産をした様子でした。


ワンニャンのお世話係を委託した娘には
「玄関にエサを食べに来る猫がいるから、置いておいてあげて」
と何度かお願いしたのですが

「ママが入院する前に外に出しておいたエサ、減ってなかったよ」
「猫が来ている様子なんてないよ」
「忘れた」

などなど、玄関に来る猫のごはんとお水は、フェィドアウト状態に・・(泣)
退院して帰って来た時には、水の器さえすっかり干からびていました。


キジ君の若妻は近所の“多頭放し飼い状態”の家で、少なくとも
雨露をしのげる定住の小屋があるのは知っていましたので、
元の家に戻ったんだ、と、無理に自分に言いきかせたりしていました。


ところが26日、木曜日のことです。

外来の診察があったので、娘が迎えに来てくれて出かけようと玄関を開けたその時。
玄関先を横切る猫の姿が!

『キジ』君です!

自分の子を宿した?若妻にエサ場である我が家の玄関先を譲り、
二月以降ぱったりと姿を見せなくなってしまったのに・・


野良として暮らすオス猫は、安定したエサ場を見つけると
そこに自分の彼女を誘導し、自らはまた別のメスを求めて旅に出る・・
というのは今までに何度か見たり聞いたりしてきましたが
半年近くも経って戻って来たオスは、初めてです。


だいぶ痩せちゃったし薄汚れちゃったけど、
よく戻って来たね!


これは一月にネロネロの風邪を引いた時のキジ君。

image_20120027180955.jpg


この風邪も、克服したんですよ。


ただ、以前は弟と私にだけは体を触らせるまでに心を許してくれていたキジ君ですが
半年近い時間を経て、警戒心は野良ちゃんに逆戻りしてしまいました。

賢い子ですからね、直に思い出してくれると思います。
写真が撮れるようになったら、またアップさせていただきますね。


しかし。かえす返すも。

この美しい武士道ならぬオス猫道、
見習うべき人間のオスがたくさんいる!

・・と考えてしまうのは、私だけ?



半次郎♀、10歳。

「年寄りは転ぶな、風邪引くな」。
よく祖母が言っていました。

お年寄りは転んだことや風邪を引いたことがきっかけで床に就き、
そのまま寝たきりとなってしまうケースが少なくない・・
という戒めのようです。

よく言ったものだと、今回は身を以って感心してしまいました。


右の鎖骨を骨折したとき、
レントゲンで肋骨も2本折れていることが判明。

ところが肋骨は咳をしただけで折れることもあり、
私の場合は肋骨は鎖骨よりもっと前に折れたもの・・との診断でした。

折れた肋骨が肺を刺激して咳が激しく出て、都度ハンパなく痛い・・

そうこうしているうちに、ひとたび横になると
起き上がるときに右胸(肋骨)に激痛が走るようになってしまい

14日から入院しています。


私のいちばんの気がかりは、もちろんワンニャン。。

今のところ、娘・息子夫婦・先週末から今週初めにかけては富山から弟が戻って来てくれて
・・と、身内が交代で見てくれていて、なんとかお世話度は足りています。


私が居なくても全然平気なヒトたち。

CA3J0968.jpg


キク



飼い主の心配をよそに、意外と平気そうなヒト。

kayo.jpg


さらに平気そうなヒト。

IMAG0421.jpg


しかし・・。

弟から送られてきた下記画像を見て、猫の表情に私は泣きました。


ファン


一年半前、私が抗がん剤の副作用で二週間入院したとき
半次郎は家出をして私を探しに出かけた・・前歴があります。

「今度は脱走されないように、細心の注意を払う」
と。
娘は言ってくれているのですが・・


頼んだよ。(泣)



内弁慶

腰痛のひどい私のために、「お掃除くらい手伝うわ」と、
今週末は昨日から母が来てくれています。


歓迎組の筆頭はもちろん、酸いも甘いも知っているボス猫半次郎。

最近自己主張の強さが緩和されてきたのはいいのですが
やけに小顔(?)になってきたのが気になります。

母曰く
「体が痩せたわけではない。顔だけ小さくなった」
とのことなのですが・・。

実は私もそう思います。

image_20120502143211.jpg



余談ですが「デカい顔をする」とはよく言ったもので、
顔の大きい人って、文字通り“デカい顔”をする人が多い・・
と思いませんか。


仲の良かった『十円』が亡くなってからでしょうか、
ショボショボしてめっきりおとなしく、というか柔和になり
チョビやカヨを優しく舐めてあげたりすることの多い半次郎。

もしかして猫も、
「デカい顔」をしなくなると「小顔」になるんでしょうか??

飼い主としては。
猫の一匹や二匹、デカい顔とドヤ顔くらい、
存分にさせてあげたいんですがねぇ・・。



困ったのは私にベッタリのカヨです。

「知らないおばさん」の来訪に困惑し、掃除機の攻撃?に怯え、身を隠し
それでいながら私の姿が見えないと、鳴いて鳴いて私を呼ぶ。。

優しく抱っこしてあげても、
待ち構えている「知らないおばさん」の腕に移される!と察知するやいなや
身を硬くして逃走。


おいおいカヨたん、、
私にベッタリは構わないんだけど(実はデレデレ)
そんなに内弁慶じゃ困りものだよ。。。。



実はまだ家庭があった頃、母は約二年ほど、
私が設計した家で私の家族と同居をしていました。

もともと犬派の母は、コジローの散歩係を自ら買って出て。

誰よりも長い時間をかけてゆっくりと好きなコースを散歩してくれる母は、
コジローにとっては最も好適なお散歩係でした。

以来母が遊びに来るたび、その声を聞きつけて
コジローの歓迎とお散歩連れてってコールはハンパなかったのですが。

最近耳が遠くなった14歳のコジローは、
今回は母の来訪にまだ気がつきません。

あぁ無常。。



母がせっせと掃除にいそしんでくれている間
私はせっせとコジローの小屋周りに落ちているマダニ採集にいそしんだり。

これは本日三回めの収穫(あえて「獲」ではなく「穫」です)。

image_20120502135111.jpg


写っている四個のマダニ、全部がまだ「動いている」ものでした。
そのままゴミ袋行きとすることに、どうしても未練が残って・・

どうしよう。

小松重男氏が、『猫の蚤とり日記』で
捕獲したノミを乾かして猫ごとに毎日写真に収めていたその気持ち、
本当によく解る!・・んだわぁ。。



プロフィール

tokuratoku

Author:tokuratoku
埼玉県在住
転移性乳がん治療中。

2009年11月9日に失踪した茶トラの愛猫『トク』と再会できれば私の人生はコンプリート☆
昨年やって来た茶トラの子猫『カヨ』に癒されつつ

5匹の猫と1頭の外犬との日々
病気治療について、不思議な体験・・

もろもろ記していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。